その認知度は男性ばかりではなく、女性のなかでもすっかり広まっています。また、男性がEDになったときには、女性から服用を進められるなんてケースもあるくらいです。そんなに広まっているのですが、その歴史や広まりについてみていきましょう。

実は別の病気の治療が目的だった?

今ではED治療薬の代名詞にもなっていますが、もともとはED治療のために作ってはいませんでした。実は狭心症という病気の治療のために開発が進められていたのです。その段階で実はEDにも効くことがわかり、ED治療薬として販売されていたのです。

その販売は1998年にまで遡ります。世界でも有名な大手薬会社のファイザー社が開発段階でその効果がわかり、1998年にFDA食品医療品局の認可をうけて、販売されるようになったのです。日本でもその年に認可を受けることになり、日本でも病院やクリニックで処方してもらえるようななりました。

もちろんネットでの個人輸入も可能となり、それをきっかけに世間に一気に広まりました。

ところが、2000年代に入ると、こんどはバイアグラの偽造品が登場してきてのです。主に悪質な個人輸入業者かわ登場して、偽物の薬を販売していてのです。1錠1500円前後しますからかなり高額です。それを安い値段で販売といっていたので、それに引っかかる男性も大勢いたのです。残念ながら今でも完全に無くなったとは言えません。特に個人輸入をする場合には、今でも偽物でない薬を買うための注意は必要なのです。

利用され始めた当初には事故があった

1998年ごろから世界に広まったバイアグラですが、当初は他の薬との併用なよる副作用の知識も広まっていませんでした。そのために、死亡してしまう事故も何件か起きています。それは日本でも起きているのです。やはりこのことも世間への認知へインパクトがありました。しかし、今ではネットでもその利用にあたっての注意点や病院やクリニックでの説明も充実しています。今ではそうしたこともほとんど起きなくなってきています。

ここでは、その歴史をみてきました。最初は別の病気の治療だったとは驚きです。しかし、今では多くの男性の悩みを解決な役立つ薬になっているのを知ると、あなたもEDになってしまったり利用してみるといいでしょう。