男性の長年の悩みであったED(勃起不全)の解決に大きな効果をあげてきました。それによりパートナーを満足させてことで男性としての自信をとり戻したり、さらにパートナーとの関係も良くなったなどその効果はいろいろの広がっています。

その一方で副作用を忘れてはいけません。

副作用で死に至るケースもあり得る

副作用もやはり薬ですから仕方はありません。しかし、その効果は信頼できますから、怖がりすぎる必要はありません。でも、安全に利用するには、使い方を正しく利用するだけでなく、副作用についても知っておくことは必要なのです。
では、その副作用についてみていきましょう。

まず、一番思いとも思われる副作用としては、死に至るケースがあります。それは、心臓に病をもっていて、硝酸剤を利用している男性が利用すると、血圧低下などにより死に至るのです。

必ずそうなるとは限りませんが、危ないこともあります。低血圧の治療をしている男性も同様に危ないです。実際に病院やクリニックでは、診察時にこの治療をしている方には、処方されません。

一般的な副作用では、ここまでそんなに酷くないです。心臓や血圧に関する病がなければ、そんなに不安はありません。さらに副作用が出てくるのも服用している間とも言えます。

大抵は効果は5~6時間続くので、その間気をつけましょう。
まずは、顔が紅くなるといった紅潮がみられやすいです。多くの男性に出る副作用です。しかし、時間が過ぎれば解決するのでそんなに気にする必要はなさそうです。

また、頭痛、目の充血、動悸、消化不良、胃痛が起こりやすいです。他に視覚障害として青視症が起こる場合もあります。

あと脱毛や抜け毛が起こるなんて男性もいるようです。ですので、薄毛で悩んでいる男性の場合には、バイアグラの使用を控えた方がいいかもしれません。

バイアグラにもこうした副作用があるので、ちょっと心配だなんて声も聞こえてきそうです。しかし、その効果を考えると、やはり利用しない手はありません。

もちろん、服用しはじめが強くて出てきて、なれてくると副作用も弱くなることもあります。副作用も飲んでみてわかることもあります。

まずは飲んでみて、様子を見ながら量を変えたりしていけば、きっとあなたも大丈夫でしょう。