男性は年齢を重ねても、セックスには興味はあるものです。だから、歳をとっても風俗を利用しますし、若い女性とっても不倫やうわきをしてしまうのです。60歳をすぎた男性も風俗へ普通に通うのですから、いつまでも元気でいたいものです。
ところが、急に勃起をしなくなるなんてことが起こることもあります。

それも、連日女性とセックスをしていたり、自慰行為をしていたり、仕事などで疲れていたりならば、そんなに気にもなりません。しかし、疲れもなく、セックスも久々なのに勃起しないとなると気になってくるでしょう。

EDは勃起不全のことです。一言で勃起不全といっても実はその症状がいろいろあります。これを知ると、自分は大丈夫と思っていた男性もEDなんてこともあるのです。

ひとつ目は、完全に勃起をしないというものです。女性からフェラなど性的な刺激を受けても勃起しない、また自慰行為をしても勃起しない場合はEDです。

また、自慰行為では勃起しても、女性を相手にすると勃起をしないのもEDと言えます。
ここまでは、誰もがわかるEDです。

実はこの他にパートナーである妻や彼女にたいしたり、セフレや風俗嬢となど特定の女性のみを相手にしたときに勃起をしないのもEDなのです。

これだと急に思い当たる男性も出てくるでしょう。別の女性とセックスはできるし、最近は妻とはしてないけど、大丈夫だろうと安心していても実はEDになっているなんてこともあります。

妻には勃起をしないけど、今度は大丈夫だろうとたかをくくっていたら、EDだったなんてこともあります。

さらによく中折れをすると、それもEDというそとになります。最初は勃起をして挿入できたのに、後から萎えてくるなんてパターンです。勃起状態を維持できないというのも、EDの症状の例なのです。

特定の女性のパターンと中折れのパターンをいれると、急に自分もかもと思い当たる男性も増えてくるでしょう。最終的には、病院やクリニックの先生の診断によりますが、セフルチェックでは、EDやED予備軍も多いものです。

そんなEDですが、今では多くのED治療薬で治せるようになりました。ED治療薬の種類も多く、さらに値段もさまざまです。銘柄で選ぶか値段で選ぶかなどでも変わりますし、ED治療薬でもジェネリック版も登場しました。普通のお薬でもジェネリックを聞きます。

その効果は先発性のお薬と同様なのも保証されています。ED治療薬も同じで、効果はジェネリックだからと下がることはありません。メーカーが異なることはあります。

そんなED治療薬で男性はもちろんら女性でも知っている薬と言えばバイアグラでしょう。

バイアグラは、1998年頃から世界中で、販売、普及されてきました。それまでのEDという症状で悩んできた男性には画期的な薬の登場でした。

そもそもED治療薬として、開発されてはいませんでしたがら、EDの症状改善、勃起を促進する効果がわかり、方向転換した薬なのです。そういう経緯で販売された薬ですが、日本でも認可され、病院やクリニックで処方されるようになりました。日本での認可も結構早かったと言われています。こうした経緯や歴史は、詳しくは別ページにて紹介しています。

そんなバイアグラですが、やはりEDの改善には大きな効果を持っています。そもそも、勃起はどうやって起こるかというと性的な刺激をうけることで、血管を広げる物質が分泌されそれにより血管が広がることでたくさんの血が海綿体に流れ込むことで起こります。

性的な刺激が収まると、血管を収縮される物質が分泌されて血管をが縮まり、血液の流れが通常に戻るので海綿体の膨張も縮まるのです。

ところが血管を縮める物質が性的な刺激を受けても分泌されることで、勃起しにくくなります。この物質の発生をしにくくすることで、勃起しやすくしているのです。ですので性的な刺激がないと勃起はしません。また、勃起しやすくなるとは言っても、個人差もでやすいのです。

治療としては、まずは少量から飲み続けていき、体を慣らしつつ、セックスができるようにしていきます。あとは、徐々に減らしながら、最後には、服用しなくても勃起できるようにしていくのです。

治療には時間もかかりますし、また副作用も出たりします。詳しくは別ページにて紹介しています。

副作用も個人差もあるので、まずは服用してみて様子をみてみましょう。もしきつければ、量を減らすかもしくは別のED治療薬へと切り替える必要があります。

バイアグラは、副作用もあり、効果の出る時間も少し短めのようでもありますが、しっかりと効果が出ると信頼も高いです。多くの病院やクリニックで処方されていますので、情報も多いです。ぜひバイアグラで、EDを克服していきましょう。